AirLogger™とは

AirLogger™(エアーロガー)とは、空気のように、存在を気にすることなく、各種データを自在に取得できることを目指したデータロガーです。
PC通信ユニットと測定ユニットから構成され、各所に配置された測定ユニット・PC通信ユニットで制御し、無線通信でデータを収集します。

PC通信ユニット

wm2000za

測定ユニット

  • wm2000ta

    2ch温度/電圧測定ユニット

  • wm2000tb

    7ch温度/電圧測定ユニット

  • wm2000sa

    ひずみ測定ユニット

従来の有線式のデータロガーでは、測定点とデータロガー本体が熱電対等のセンサーケーブルで接続されるため、煩雑な配線引き回し作業が発生していました。
一方、AirLogger™では、測定ユニットとPCの間のケーブルが不要となり、接続作業が簡略化されます。
また、有線式と同様に、リアルタイムモニタリング、チャンネル間の同期計測が可能です。さらに、最大700チャンネルを、同時に計測できます。

有線式データロガー

AirLogger™

AirLogger™の製品群

AirLogger™には、「WM1000」と「WM2000」の2種類の製品群があります。

WM1000

WM1000は温度測定に特化した小型軽量タイプです。

WM2000

WM2000は温度/電圧/ひずみ測定を複合して行える高機能タイプです。