ソフトウェア

標準ソフトウェア

簡単な操作で計測をサポート

データロガーの使用が初めての方でも容易に操作できます。また、機能は必要なものを厳選しました。

WM1000 標準ソフトウェア

対応機種:無線温度ロガー WM1000

温度測定に特化したシンプルな画面。簡単操作。

測定開始/終了はスタート/ストップボタンをクリック

測定画面

取得データは、csvファイルに保存可能

サンプルデータのダウンロード

WM2000シリーズ 標準ソフトウェア

対応機種:無線データロガー WM2000シリーズ

シンプル操作で簡単測定。マルチ計測機能も充実。

測定開始/終了はスタート/ストップボタンをクリック

測定画面

リアルタイムに計測しながら、計測した履歴データを閲覧できる「View画面」があります。
カーソルやサーチ等の機能で、着目したい測定データを簡単に確認できます。

1画面でマルチ計測

  • 設定画面でマルチ計測の条件設定ができます。
  • 計測設定(温度、電圧、ひずみ)、測定単位、センサタイプ/測定分解能、サンプリング設定が簡単にできます。

応用ソフトウェア

AirLogger™を様々な環境でご利用いただくため、お客様のお手元の計測器との接続や遠隔モニタなどのソリューションを提供しています。

AirLogger™ API

対応機種:無線温度ロガー WM1000

AirLogger™ APIで、無線データロガーと別の計測器を同時利用

お客様が保有する別の計測器のソフトウェア環境で、無線温度ロガーWM1000の制御および他社計測器との同期計測が可能です。
* APIは、AirLogger™ WM1000を制御するための関数群です。APIを組み込んだプログラムを作成する必要があります。

AirLogger™ 電圧変換ツール

対応機種:無線温度ロガー WM1000

別のデータロガーにアナログ入力可能

AirLogger™ WM1000で測定した温度を任意の電圧に変換するWindows向けソフトウェアです。温度値から電圧値へ、リアルタイムに変換します。
* USBはデータ通信用で電圧出力はできません。

電圧変換ツールを使用し既存データロガーと接続したイメージ図

AirLogger™ Cloud Lite

対応機種:WM1000/2000 共通

AirLogger™ Cloud Lite は、AirLogger™シリーズの計測データを、遠隔かつリアルタイムでモニタリングすることができるクラウドサービスです。

WM2000シリーズAPI

対応機種:無線データロガー WM2000シリーズ

AirLogger™ APIで、無線データロガーと別の計測器を同時利用

お客様が保有する別の計測器のソフトウェア環境で、無線温度ロガーWM2000の制御および他社計測器との同期計測が可能です。
* APIは、AirLogger™ WM2000を制御するための関数群です。APIを組み込んだプログラムを作成する必要があります。

プログラム開発環境(PC)

OSの種類
  • Windows 7 32bit または64bit
  • Windows 8 32bit または64bit
  • Windows 8.1 32bit または64bit
  • Windows 10 32bit または64bit
ディスク空き容量
  • 10MB 以上

本ソフトウェアの詳細仕様およびサンプルソフトウェアは、「ソフトウェア・ダウンロード」 よりダウンロードできます。
* Windowsは、米国Microsoft社の米国およびその他の国における商標および登録商標です。