密閉空間

データロガー本体から測定点までをセンサケーブルで直接配線する有線式のデータロガーは、密閉空間を測定するのに穴あけ加工などが必要になります。そのため、温度、電圧、ひずみなど、疑似的な密閉空間での測定となります。
無線データロガーAirLogger™シリーズは、ワイヤレスのメリットを生かし、密閉空間内に小型の測定ユニットを入れるだけで簡単に計測が可能です。装置本体への加工が不要なうえ、よりリアルな測定を実現します。

特長

  • 無線の特性を生かし、恒温槽など密閉筐体内の測定が可能
  • 穴あけ加工による気流の影響を軽減し、リアルな測定を実現
  • 気密性が求められる空間の測定をリアルタイムにモニタリング
【動画】恒温槽内ひずみ測定

比較表

測定対象 温度 温度/電圧 ひずみ
製品名 WM1000 WM2000TA WM2000TB WM2000SA WM2000SB
Ch数/最大ch数 1ch/100ch 2ch/200ch 7ch/700ch 1ch/100ch 3ch/300ch
電池 CR2032 専用電池
使用温度範囲 -15~70℃ -40~100℃ -30~100℃ -15~60℃
大きさ 35mm,35mm,14.5mm 54.5mm,45mm,17.5mm 60.5mm,49mm,17.5mm 54.5mm,45mm,17.5mm 84mm,64mm,22mm
重さ 20g 36g 45g 36g 105g
通信距離 10m 30m 10m
測定間隔 0.1s~10min 0.1ms~1min
ロスト回復機能

※最大接続数はサンプリング周期が1s以上の場合

特長

無線の特性を生かし、恒温槽など密閉筐体内の測定が可能

  • スペースを気にせずに配置可能な小型測定ユニット
  • 無線が繋がる環境下(ガスケットや窓付き)であれば金属筐体もOK
  • センサケーブルの配線ミスや断線を軽減

穴あけ加工による気流の影響を軽減し、リアルな測定を実現

  • 真空炉などの完全密閉空間の測定などにも応用が可能
  • 小型測定ユニットは気流や加温なども加味した環境性能

気密性が求められる空間の測定をリアルタイムにモニタリング

  • 空間内に測定ユニットを入れるだけで、計測値をリアルタイムに取得
  • 使用環境温度範囲-40℃ ~ +100℃未満でより広範囲の用途に適応