土木・建築計測

ビルの耐震評価やアスファルト敷設時の温度測定、地盤調査時の振動試験をはじめ、杭打機、フォークリフト、ブルドーザといった建設機械の開発評価など、土木/建設の分野においては、温度、応力、変位、荷重、圧力など、多種多様な測定が求められます。同時に、10mを超えるセンサケーブルを数十本にわたって敷設する現場も多く、配線にかかる手間や配線の絡まり、断線など、多くの課題も伴います。
無線データロガーAirLogger™シリーズは、「無線」「小型」「優れた耐環境性能」の特長を生かし、動体や回転体の測定に威力を発揮するだけではなく、それら煩わしいセンサケーブルの課題を解決に導きます。

対象製品比較表

温度 電圧 ひずみ 多ch 密閉空間
測定対象 温度 温度/電圧 ひずみ/加速度/ロードセル
製品名
WM1000
WM2000TA
WM2000TB
WM2000SA
WM2000SB
Ch数/最大ch数 1ch/100ch 2ch/200ch 7ch/700ch 1ch/100ch 3ch/300ch
測定範囲 −200~+1300℃
(Kタイプ)
温度:−200~+1300℃(Kタイプ) ±20000µST
電圧:±12V
測定間隔 0.1s~10min 0.1ms~1min
大きさ 35mm,35mm,14.5mm 54.5mm,45mm,17.5mm 60.5mm,49mm,17.5mm 54.5mm,45mm,17.5mm 84mm,64mm,22mm
重さ 20g 36g 45g 36g 105g
通信距離 10m 30m 10m
電池 CR2032 専用電池 *1
使用温度範囲 -15~70℃ -40~100℃ -30~100℃ -15~60℃
ロスト回復機能 △ *2

※最大接続数はサンプリング周期が1s以上の場合
*1 外部給電ケーブルを使用することで専用電池を使わずに動作させることも可能です。
  オプションの外部給電をご覧ください。
*2 WM1000は簡易的なロスト回復機能になります。

特長

建設機械の稼働時の振動、変位、応力などをモニタリング

  • シャベルアームに取り付けて動作速度や動作時温度をリアルタイムに確認
  • 杭打機などに取り付け地盤強度を測定
  • キャタピラ、車輪、アームなどに取り付けて動作時のひずみや変位をモニタリング

温度、ひずみ、加速度などの多点同時測定が可能

  • 摩擦熱温度測定と衝撃によるひずみ測定など建機特有の評価試験を一括同期で実現
  • 建物の長期試験における熱によるひずみ具合と温度の相関性等、多点同時モニタリング
PC通信ユニット 最大100ユニット

室内空間の測定が簡単

  • 段取りが楽で多点測定も可能。室内外の温度分布を簡単測定
  • 日照による温度変動などを長期でモニタリング
  • 壁や柱をひずみ測定する事で建物の強度を測定

広範囲の測定

WM2000シリーズは、概ね30m半径の範囲内の計測が可能ですが、通信距離は環境により大きく変わります。屋外や見通しの良い屋内であれば、100m以上の距離の通信も可能です。また、それ以上の遠隔の場合は、AirLogger™ Cloud Liteをご検討ください。
AirLogger™ Cloud Liteについてはこちらへ

NDIS変換ケーブル(オプション)をご用意

NDISコネクタ付きひずみゲージ式センサに対応した変換ケーブルをオプションでご用意しました。ご使用により、センサの取付がより簡単に行えます。
オプション:NDIS変換ケーブルはこちらから