多チャンネル測定

室内空間の温度や、自動車ボディの温度/ひずみなどは、何十点、何百点の測定ポイントを同時に測定する事が一般的です。
無線データロガーAirLogger™シリーズは、温度測定では最大700ポイント、ひずみ測定では最大300ポイント、動ひずみ測定(10kHzサンプリング)では最大75ポイントのリアルタイムモニタリングが可能です。また、ワイヤレスのメリットを生かし、より短時間でのセットアップが実現します。

測定対象 温度 温度/電圧 ひずみ/加速度/ロードセル
製品名
WM1000
WM2000TA
WM2000TB
WM2000SA
WM2000SB
Ch数/最大ch数 1ch/100ch 2ch/200ch 7ch/700ch 1ch/100ch 3ch/300ch
測定範囲 −200~+1300℃
(Kタイプ)
温度:−200~+1300℃(Kタイプ) ±20000µST
電圧:±12V
測定間隔 0.1s~10min 0.1ms~1min
大きさ 35mm,35mm,14.5mm 54.5mm,45mm,17.5mm 60.5mm,49mm,17.5mm 54.5mm,45mm,17.5mm 84mm,64mm,22mm
重さ 20g 36g 45g 36g 105g
通信距離 10m 30m 10m
電池 CR2032 専用電池 *1
使用温度範囲 -15~70℃ -40~100℃ -30~100℃ -15~60℃
ロスト回復機能 △ *2

※最大接続数はサンプリング周期が1s以上の場合
*1 外部給電ケーブルを使用することで専用電池を使わずに動作させることも可能です。
  オプションの外部給電をご覧ください。
*2 WM1000は簡易的なロスト回復機能になります。

特長

センサケーブルの引き回しの煩わしさを解消

  • スペースを気にせず設置可能な多チャンネル対応の小型測定ユニット
  • 無線の特性を生かし、センサケーブルの配線ミスを軽減
  • 本体と測定ユニットの分離により、配線ストレスから解放

手狭なところの多チャンネル配線が簡単

  • AC電源不要の多チャンネル対応小型ユニットは狭小スペースの設置も楽々
  • エンジンルーム内の多点測定も小型ユニットならではの実力を発揮

 

各種センサの使い方はこちらをご覧ください

広い空間の各種計測を多点同時モニタリング

  • 室内の環境測定を見通し30mの無線通信により実現
    AirLogger™ Cloud Liteの使用でさらに広範囲に
  • 多チャンネル同期測定で、フロア内の設備稼働状況を一括管理
  • 防水防塵対応で、屋外での測定も可能

 

AirLogger™ Cloud Liteについてはこちらへ
通信環境のノウハウ

遠隔地の測定

WM2000シリーズは、概ね30m半径の範囲内の計測が可能ですが、通信距離は環境により大きく変わります。屋外や見通しの良い屋内であれば、100m以上の距離の通信も可能です。また、それ以上の遠隔の場合は、AirLogger™ Cloud Liteをご検討ください。
AirLogger™ Cloud Liteについてはこちらへ

測定ユニットを複数まとめる多chの収納BOX

温度電圧のWM2000TBとひずみのWM2000SBは10ユニットをひとつのケースに収納する専用BOXをご利用いただけます。
1つの収納BOXから温度電圧では最大70ch、ひずみは30chを測定することができます。