ひずみ測定

橋梁はもとより、自動車、電車、船舶、航空機で使われている金属やプラスチック製品において、振動や衝突などの応力や温度変化により生じる収縮/膨張(ひずみ)。そのひずみは、長期間の繰り返しにより、疲労亀裂や疲労破壊を引き起こし、重大な故障の原因になりかねません。また、製造工程における温度変化のひずみは、製品の加工精度にも影響します。ひずみ測定は、部品の寿命試験や稼働時の振動試験、衝突試験など、信頼性を保証するための重要な測定の一種です。
AirLogger™ シリーズのひずみ測定ユニット(WM2000SA, WM2000SB)は、ブリッジ/アンプ内蔵にもかかわらず、小型で優れた耐環境性能を有しており、測定部への取り付けが簡単なうえ、測定データをリアルタイムに確認できます。
加振機での振動試験、恒温槽試験、可動部の応力試験、移動中の金型のひずみ測定など、手間のかかるひずみゲージの配線作業から解放され、今まで困難であった場所の測定を容易に実現します。 

特長

  • ケーブルレス化で作業効率を飛躍的に改善
  • 無線の利点を生かし回転体や遮蔽空間の測定が可能に
  • 超小型・軽量化の実現
  • 厳しい試験環境にも適した防水防塵対応
【動画】WM2000シリーズ恒温槽内ひずみ測定

比較表

測定対象 ひずみ
製品名 WM2000SA WM2000SB
Ch数/最大ch数 1ch/100ch 3ch/300ch
測定方式 1,2ゲージ法 1,2,4ゲージ法
電池 専用電池
電池の連続使用時間 14日 6時間
使用温度範囲 -30~100℃ -15~60℃
大きさ 54.5mm, 45mm, 17.5mm 84mm, 64mm, 22mm
重さ 36g 105g
通信距離 30m 10m
測定間隔 0.1s~10min 0.1ms~1min
ロスト回復機能
測定範囲 ±20000μST
平衡調整範囲 ±8000μST ±10000μST
最小分解能 0.1μST

※最大接続数はサンプリング周期が1s以上の場合

特長

無線通信、ケーブルレス化で作業効率を改善。回転体や遮蔽空間の測定が可能に

無線化により、配線工数を大幅削減
測定工数を削減できるため、評価期間が短縮できます。
無線化により、測定用ジグ不要
スリップリング・埋め込み試作機などの測定用ジグが不要になります。
金属筐体内における測定が可能
ガスケットや窓があれば、温度試験槽などで測定が可能です。電波状況は、ソフトウェア上で確認できます。

超小型・軽量化の実現

アンプを内蔵することで大幅な小型/軽量化を実現しました。

複数の測定ポイントをリアルタイムに同期測定

PC通信ユニットの同期信号により、測定ユニット間の同期を実現。
最大100ユニットを同期測定でき、 データはリアルタイムに確認できます
PC通信ユニット 最大100ユニット

取得データの損失防止ノウハウを提供

AC電源不要、徹底的な小型化と低ノイズ化を実現

  • 電池駆動のため、電源からのノイズ低減
wm1000_pc_unit
wm1000_sensor_unit
wm2000za
wm2000zb
wm2000zc
wm2000ta
wm2000tb
wm2000sa
wm2000sb

厳しい試験環境にも適した防水防塵対応

WM1000は、そのままの状態で防水防塵能力を備えています。
WM2000シリーズは、付属の防水ケースに入れることで、防水防塵対応となります。(耐防塵/防水性: IP54 相当)

取り付け上のご注意

測定ファイルのフォーマット

  • WM1000はcsvファイルで保存しています。
  • WM2000は独自のバイナリデータで保存しています(csvファイル出力可能)。