データロガー測定ノウハウ

電波環境の改善方法

STEP 1. 取り付け方法の見直し

測定ユニットとPC通信ユニットの取り付け方法により、電波強度の改善を図ることができます。

STEP 2. USB延長ケーブルの有効活用

以下のような場合には、USB延長ケーブルを使ってPC通信ユニットの位置を測定ユニットに近づけることをおすすめします。

  • 測定ユニットとPC通信ユニットの距離が遠い
  • 測定ユニットとPC通信ユニットの間に障害物がある

STEP 3. パッシブ中継器を使った電波環境の改善

以下のような場合には、パッシブ中継器のご利用をおすすめします。

  • 金属等の遮蔽物がある場合
  • 使用可能温度環境の範囲外につき、PC通信ユニットを置けない場合
  • 障害物を迂回しないと電波を受けられない場合

STEP 4. パッシブアタッチメントを使った電波環境の改善

以下のような場合には、パッシブ・アタッチメントのご利用をおすすめします。
※パッシブアタッチメントはWM1000でのみ使用できます。

  • STEP 2で改善を図ったが、さらに電波環境を改善したい場合
  • 多地点の測定において、各測定ユニット間に障害物があり、多数のアンテナを取り付ける必要がある場合

STEP 1. 取り付け方法の見直し

無線温度ロガー WM1000

  1. 取り付けの際は、PC通信ユニットから温度測定ユニットが見通せる位置に設置してください。
    また、 PC通信ユニットを床に近い位置で設置すると、PC通信ユニットから出た電波が床に吸収されてしまうため、できるだけ高い位置に設置してください。WM1000_設置方法
  2. 温度測定ユニットの固定に、アルミテープなどの金属テープは使用しないでください。
    金属テープにより、電波が遮断されてしまいます。
    通常の固定には、樹脂製のテープ、両面テープ、結束バンド、高温下での固定にはポリイミドテープ、シリコンテープなどをおすすめします。WM1000_設置方法

STEP 2. USB延長ケーブルの有効活用

送受信機の間に金属やコンクリート壁などが介在すると、電波障害物となり通信が繋がりにくくなります。
USB延長ケーブルを使用して、窓の近くなど温度測定ユニットが見通せる位置にPC通信ユニットを取り付けてください。

WM1000_USB活用方法

STEP 3. パッシブ中継器を使った電波環境の改善

パッシブ中継器とは

パッシブ中継器とは、2.4GHz帯のアンテナ 2本を同軸ケーブルで接続した製品です。増幅器を使用していないため、電源は不要です。
金属等の遮蔽物により電波環境が損なわれる場合、パッシブ中継器を温度測定ユニットとPC通信ユニットの間に設置することで、電波環境を改善できる場合があります。

WM1000_パッシブ中継器について

実験例:スペクトラムアナライザを使用した電波強度測定

WM1000_電波強度測定

STEP 4. パッシブアタッチメントを使った電波環境の改善

パッシブアタッチメントとは

パッシブアタッチメントは、アンテナ、デバイダ、PC通信ユニットの固定パッケージで構成されています。
PC通信ユニットの内蔵アンテナとアタッチメント内のアンテナを近づけることで、電波環境改善効果を最大限に発揮できます。
また、電波干渉が発生している温度測定ユニットの近辺にパッシブ中継用のアンテナを取り付けることで、電波強度の改善を図ります。

WM1000_パッシブアタッチメント

デバイダの取り付け口はコネクタSMA Jタイプにつき、SMA Pタイプのコネクタ付同軸ケーブルでアンテナを取り付けます。

回転体の計測

回転体に取り付けて計測する場合は、遠心力で電池の電解液が偏り、測定できなくなることがあります。
遠心力の影響を受けにくい回転の中心付近に測定ユニットを設置するようにしてください。

WM1000_回転体の計測