電子/電気機器

半導体や基盤、精密機器などの設計開発から製造に至るまで、データロガーは温度、電圧、ひずみなどの計測器として幅広く用いられます。製品の動作試験で使用する恒温槽内の温度管理や、動作時の電圧測定、基盤切削時のひずみや圧力、摩擦熱測定など、多種多様な測定が求められます。
無線データロガーAirLogger™シリーズは、「無線」「小型」「優れた耐環境性能」により装置内の狭い空間に取り付けることが可能なうえ、センサケーブルを這わせる事ができない恒温槽などの密閉空間にも設置が可能です。煩わしいセンサケーブルの引き回しから解放され、準備から片付けまでの工数の最適化に貢献します。

特長

  • 精密機械の筐体内の温度や振動を多点同時モニタリング
  • 恒温槽などの密閉空間を容易に測定
  • 乾燥炉など長期間の運用にも対応
【動画】WM2000シリーズ産業用ロボット応用動画

比較表

測定対象 温度 温度/電圧 ひずみ
製品名 WM1000 WM2000TA WM2000TB WM2000SA WM2000SB
Ch数/最大ch数 1ch/100ch 2ch/200ch 7ch/700ch 1ch/100ch 3ch/300ch
電池 CR2032 専用電池
使用温度範囲 -15~70℃ -40~100℃ -30~100℃ -15~60℃
大きさ 35mm,35mm,14.5mm 54.5mm,45mm,17.5mm 60.5mm,49mm,17.5mm 54.5mm,45mm,17.5mm 84mm,64mm,22mm
重さ 20g 36g 45g 36g 105g
通信距離 10m 30m 10m
測定間隔 0.1s~10min 0.1ms~1min
ロスト回復機能

※最大接続数はサンプリング周期が1s以上の場合

特長

精密機械の筐体内の温度や振動を多点同時モニタリング

  • 筐体に穴を空けず製品の実動作時と同じ状況下で多点同時測定を実現
  • 温度試験槽や熱衝撃試験機などの槽内に測定ユニットを入れるだけで簡単モニタリング

恒温槽などの密閉空間を容易に測定

  • 恒温槽など密閉空間内に測定ユニットを入れるだけの簡単セットアップ
  • 機械や部品が入り組んだ空間も、小型の測定ユニットならではの楽々設置

乾燥炉など長期間の運用にも対応

  • 基盤の乾燥などの搬送工程も見通し30mの無線通信能力で対応(WM1000は見通し10m WM2000TA/TB/SAは見通し30m)
  • 温度測定は開始から24時間連続動作でおよそ2週間の連続使用が可能
  • WM2000シリーズは、外部給電ケーブル(オプション)を使用し、モバイルバッテリを接続する事でさらに長期間のモニタリングにも対応